『上古刀』 古墳時代~奈良時代の刀について

上古刀(じょうこうとう)とは

今では一般的な言葉となっている日本刀ですが、日本刀と呼ばれるようになったのは明治時代以降です。
明治時代以前までは刀、または太刀と呼ばれていました。
そしてもっとも古い時期でもある古墳時代は剣やつるぎ、横刀が使用されていました。
古墳時代から奈良時代までの刀のあり方について説明する前に、この時代の刀は主に上古刀(じょうこうとう)と呼ばれています。
日本刀の原型ともいわれている上古刀のほとんどが古墳から発掘されています。
古墳時代にはすでに形ができていたのです。
刀の歴史でも上古刀についてあまり知られていないのでせっかく刀について知識を身につけようとしているのであれば、ぜひ上古刀についても知っておいてください。

古墳時代

古墳時代の刀はほとんどが直刀(ちょくとう)です。
直刀はまっすぐな形をした刀であり、最初は柄の長さが15cm以上で両手持ちができるものが多数製造されました。
年が進むとともに柄の長さが10cm以下と短くなっていき、持ち方は両手ではなく片手用となっていきます。
刀の長さも75cm以下と短くなっていきました。
最初は両手持ちだったのが片手持ちになった理由としては、騎馬戦で戦いやすいようにと工夫したのではないかと考えられています。
出土品からみても片手用の刀がたくさん発見されており、古墳時代でもその時によって使いやすい形にしていった様子が分かります。
青銅器の製造が主となっていましたが、朝鮮からの渡来人によりもたらされた製鉄技術により刀の威力も上がりました。
大刀(たち)と呼ばれる刀も出土されていますが、同じ読み方である太刀とは違い、反りがまったくありません。
直刀の長いバージョンが大刀となります。
古墳時代で有名な刀は福岡県にある一貴山銚子塚古墳から出た素環頭大刀、千葉県の金鈴塚から出た金銅装頭椎大刀が挙げられます。

飛鳥時代

飛鳥時代も直刀の出土がみられますが、ほかに平造り(ひらづくり)と切刃造り(きりはづくり)が出てきます。
平造りとは鎬造がない短刀などによくみられる造りこみとなっています。
峰の部分から刃先まですべてが平ら、平面になっている刀です。
切刃造りは鎬と峰の間がとても広いです。
刀方の肉を非常に急な角度で落としている形が特徴的な部分です。
この2つの種類の刀が多く出土していますが、ほかにも蕨手刀(わらびてのかたな)や中国地方の刀である唐太刀を改良した日本国産の唐様太刀も出てきています。
このように、渡来した刀をアレンジして日本人が使いやすいように刀を製作していっているのです。
日本の鍛冶職人たちがさまざまな技術を吸収し、水準が上昇してきたことが分かると思います。
飛鳥時代で有名な刀は国宝に指定されている丙子椒林剣(へいししょうりんのたち)が挙げられます。

奈良時代

奈良時代の刀は主に平造りの刀となっています。
律令制が制定された時代ということもあり、兵士や軍備を整え始めました。
唐の文化をお手本にして武器需要、刀剣製作に力を入れ始めたのも奈良時代からであり、この時代は一気に刀の技術が向上しました。
武器として使用されたのは自弁の弓や官給の鉾(ほこ)、おおゆみなど刀以外にもたくさんあります。
刀は主に大刀が大活躍しました。
平造りの大刀もつくられたのです。
馬に乗って戦いやすいように振り回しやすい刀を造ったりもしており、奈良時代の刀は種類が豊富な傾向がみられます。
この時代の代表的な刀は正倉院にある刀剣類です。
刀子や無荘刀、金銀鈿荘唐大刀などが挙げられます。

刀買取.comのTOPへ