買取前に知る刀の今と昔

武器として発達した刀は、わが国独自の文化財であり、わが国を代表する美術工芸品です。
今では蔵で眠ったままになっていたり、処分に困った人などの為に買取されるようになりました。
刀は古来から武士の魂をあらわすものとして恩賞、下賜されてきました。
また、武運長久を願い神社等に奉納、献上されご神体、ご宝刀として大切に保管、崇め 奉られてきたものが現存し、現在日本刀研究に役立っています。
そんな刀の今と昔のあり方を知り、価値を知ってみればいざ手放すとき、買取してもらうために活かしましょう。

天下の刀

刀は奈良時代から造られたとも言われています。
職人の手によって造られた日本刀は非常に切れ味が鋭く、数々の武将たちがこの刀を用いて天下を目指していったのです。
今現在の日本刀の原型となる形が造られ始めたのは、平安時代からです。
平安時代から明治時代にまでかけて、長い歴史をまたいで造られてきました。
しかし、明治時代以後「廃刀令」が発令されてからは製造が中止されてしまい、多くの職人が立場を失ってしまうことになりました。
ですが、「日本が誇る技術を廃止してはいけない。
」といったことからか、再び造られるようになっていきました。
しかし、以前のように所持することは禁止されてしまい、現代では登録証が交付されていない刀を所持していると、刑罰で罰せられてしまいます。

上古刀

奈良時代の刀は平作りの直刀が作られていましたが、安平時代後期にいたり反りのある現在の形状へと変わっていきました。

古刀

古刀といっても色々ありますが、とある研磨師によると「古刀は研いでいる感がしっかりあるが、現代刀は滑るような感覚がありなかなか研いでいる感じがしない」といわれます。
鎌倉期に武家社会の成立によって、武器としての刀剣の制作技術は飛躍的に発展しました。
腰反りの太刀のように大きく反り返った形が特徴的な形状としてあげられます。
この反り具合も時代が下がるにしたがって浅くなり、特に元寇の役を経験してからは、戦法に変化が生じ、その結果、刀の形状にも集団戦に即した笠木反りといわれる刀身の中央部で反る形状に変化していきました。
国内は乱れ、打ち続く戦乱のこの時代が一番武器としてその本領を発揮した時代と言え、現在名前を残す名工もこの時代に活躍した名人が多く輩出されています。
時代はまさに戦国、日々戦闘に明け暮れ、鎧の上からも貫通できなおかつ折れずに切れ味の良い実用上もっともシビアな要求が求められた時代といえるでしょう。

前期新刀

日本刀の世界では慶長年間を境として顕著な差異が認められます。
慶長以降に製作された刀を新刀として分類しています。
新刀初期では切っ先(帽子)の大きさが比較的大きい姿が特徴といえます。

後期新刀

新刀も江戸中期以降には切っ先が小型化し。
反りが浅く、いわゆる優しい刀姿が特徴といえます。

新々刀

江戸時代中期以降はロシア、イギリスの戦艦が来航して通商を要求するなど、世情も騒然となり、刀にもそれまでの優しい姿は次第に消え、身幅が大きく強さを感じさせる造りとなってきました。

現代刀

現代刀の素材としてはたたら製鋼で造られた玉鋼、その他古釘などから再生した和鋼のみが認められ、近代製鋼による洋鋼は日本刀の原料として認められていません。

現在では日本刀は武器ではなく、居合道・抜刀道といった武道用の道具、絵画や陶器と同格の美術品であり、その目的でのみ製作・所有が認められています。
世界の刀剣の中でも日本刀は、美術品としての価値が高く、国宝、重要文化財、重要美術品に指定されたものもあります。
今現在日本刀を所有しているが、使い道が無い。
といった方は、買取して貰いましょう。
昔から存在する日本刀であった場合、やはりそれだけ希少価値がありますから、買取して貰う際に驚きの値がつくこともあります。
ただ家に置いているだけでは、宝の持ち腐れになってしまいます。
使い道が無いのであれば、刀を買取してもらいましょう。