『古刀(ことう)』平安時代~戦国時代の刀について

古刀(ことう)

貴族や大名の時代であった平安時代から武士たちが活躍し始める戦国時代までの刀を総称して「古刀(ことう)」と言います。
古刀は謎に包まれている部分が多い刀でもありますが、平安時代、鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、戦国時代と時の流れでさまざまな刀の種類が誕生しています。
現在まで受け継がれている銘の日本刀はほとんどが平安時代から製作されたと言われています。
すでに日本刀の形がつくられていた上古刀から時代が進むにつれ変化していき、現在の日本刀の形の基盤となった平安時代の古刀が出てきたのです。
古刀でもそれぞれの時代によって違う変化がみられるので時代の流れから刀をみると非常に面白く興味深いです。

平安時代と鎌倉時代

武士の勢力が大きくなるきっかけとなった前九年の役・後三年の役から日本刀に大きな変化がみられるようになります。
大刀から太刀の形になったのです。
平安時代の太刀は鎬造りと呼ばれるもので、庵棟、狭い身幅、先端部分は小切先が特徴的です。
つまり今までまっすぐな形をしたいた刀に反りの部分が出てきたのです。
刃の長さは75cm~78cmのものが多く、腰反りと呼ばれる腰のあたりで急に反りが入る刀も出てきました。
鎌倉中期に入ると身幅が狭かった刀が広くなり、豪壮な姿形となりました。
武士の繁栄を表すような形が特徴的です。
刃に施される文様は丁子乱(ちょうじみだれ)という豪華で綺麗なものが流行しました。
武士たちの派手さが伺えます。
さらに鎌倉後期に入るともっと豪華な刀が出てくることになります。
元幅と先幅がほとんど同じであり、身幅は広く、峰が延びている刀です。
反りの部分が非常に強調されたデザインとなっており、国宝の刀が多数製造されました。
古備前派の大包平(おおかねひら)や真恒(さねつね)、三池光世の大典太(おおでんた)などが挙げられます。

南北朝時代と室町時代

南北朝時代の刀はほかの時代からみても一風変わっています。
大太刀や野太刀などほかの時代ではみられないような大きい刀が生産されているのです。
馬に乗っている武士を振り落とすためにつくられた斬馬刀もその中のひとつです。
刀の長さである刀身が3尺(約90cm)以上の刀すべてが含まれます。
大太刀は刀身5尺(約150cm)以上、野太刀は3尺(約90cm)以上の刀を指します。
この時代の平均身長が150cm~165cmとされていたので特に大太刀は振り回す人が限られていたそうです。
あまり振り回すことはなく、騎馬戦に立ち向かう武器として使用されていました。
南北朝時代には織田信長が出てきたこともあり、戦国武将たちが愛用した名刀が現世にも数々残っています。
室町時代に活躍した刀は「小反り」と呼ばれる短い刀です。
短いわりには反りがしっかりしており、二本差しスタイルが流行しました。
中期に入ると太刀から打刀に代わり、刃を上向きにすることが増えてきました。
この時期に製作された備前長船祐定が有名です。

戦国時代

戦国武士の権力がもっとも大きくなった戦国時代はさまざまな武将たちが出てきた時代でもあります。
織田信長や豊臣秀吉など南蛮との貿易に力を入れたことから外国の鉄である南蛮鉄が大いに利用されました。
城下町には鍛冶職人たちが集まり、毎日刀を打っていたと言われています。
刀身が2尺4寸~5寸のものが多く、刀鍛冶が多く集まっていた備前国を中心に刀剣生産が積極的にされていました。
国宝に指定されている名刀が生まれた時代です。
代表的な刀は、刀好きなら誰もが知っている妖刀村正や圧切長谷部が挙げられます。

刀・日本刀の買取情報TOPへ