日本刀の特徴について

美しい姿と技

日本刀は外国の剣や刀とは違い、特徴的な部分がたくさんあります。
そのひとつが日本刀ならではの美しさと日本人ならではの精巧な技です。
この美しさは刀を美しくするために生まれたものではなく、実用的に改善してきたことにより生まれた美となっています。
いろんな時代で活躍した鍛冶職人たちは刀を使う人たちが使いやすいようにさまざまな工夫をして製作してきました。
決して「美」を追求してつくっていたのではありません。
そのようなところから自然に生まれる美はとても美しいものです。
よって今現代では観賞用として刀を集めているコレクターがたくさんいます。
武器として使われる刀なのでより無駄な部分をなくすため、技術も向上していきました。
その技術の表れがさまざまな材料が組み合わされ、鍛錬を折り返しすることで生まれる「地肌」や刀工の技量である「働き」となります。
この地肌と働きは刀の美しさを引き出すポイントでもあり、見所です。

日本刀独特の造り込み

日本刀の特徴といえば、「造り込み」が挙げられます。
造り込みとは刀の形の名称です。
鎬造り(しのぎづくり)と平造りの2つに分けられます。
鎬造りは別に本造りとも呼ばれており、刀の基本形となっています。
ほとんどの刀が鎬造りを基本としてつくられています。
一方平造りは鎬筋がまったくありません。
刃は平面となっており、太刀としてではなく小脇差や短刀など比較的刃の長さが短い刀にみられる形です。
日本刀の主な造り込みは鎬造りと平造りの2つとなりますが、他にもさまざまな種類があります。
片鎬造りは片面が鎬、もう片面が平ら造りとなっています。
切刃造りは名刀である切刃貞宗が代表的な刀であり、鎬の部分が刃先にみられます。
菖蒲造りは形がそのまま菖蒲に似ていることからつけられた造り込みです。
横手が取り除かれている鎬造りの刀です。
鎬を境に刃をつけ、上に鋒が向いている両刃造りや短刀によくみられる形となっているおそらく造りがあります。

切れ味が鋭い

日本刀は国内や海外からでも「折れず、曲がらず、良く切れる」と表現されるように海外の刀剣よりも切れ味が鋭いのが特徴的です。
海外の戦闘方法をみて分かるように、剣と盾が利用されている傾向がみられますが、日本は決して盾を使っていません。
これは日本刀があまりにも切れ味が良いのでたった少しでもあたると致命傷になってしまうのです。
海外の刀剣は日本刀よりも切れ味がないため何回か攻撃しなければ致命傷を負わせることはできません。
よって盾を使いながら攻撃をしていくのです。
日本刀は盾の代わりにその刀で防御することになります。
時代劇でもよくみられるような戦い方です。
盾の存在は決してなかったわけでもありませんが、必要のないものとして薄れていきました。
ヨーロッパやアメリカといった国は兵士の数も多かったので盾が必要だったとも考えられますが、日本刀独特の切れ味が日本の武士の戦い方にも影響したことは間違いありません。

反りの種類

刀が使われるようになった古墳時代は刃がまっすぐになっている直刀を使用していましたが、徐々に刀の部分に反りがみられるようになりました。
この反りも日本刀独特のものであり、刀の反りが日本刀の美しさを醸し出しているとも言われています。
反りは造り込みのようにさまざまな種類があります。
平安時代~鎌倉時代にかけて製作されていた反りが深い腰反り、中心に反りをいれている中反り、切先にかけて反りがついている先反り、海外の短剣にもよくみられる刃に向かうように反っているものを内反り、保存状態が1番良い反りとして挙げられる踏ん張りがあります。
反りにもそれぞれ特徴があり、どのような形となるのか変わってくるので面白いです。