知っておくと役に立つ「刀」の所持に関する知識

日本の伝統工芸とも言える「刀」。
武士道精神の日本国に欠かせない存在であり、歴史的価値が高いものも少なくありません。
そんなアイテムだからこそ買取なども含めて豆知識はぜひとも知っておきたいところです。

刀の所持について

刀の所持についてはまず「銃砲刀剣類登録証」というものがあるかどうか、必ず確認してください。
所持している人は銃砲刀剣類登録証を所有していることが前提となっています。
銃砲刀剣類登録証ですが、登録証といった呼び方もされます。

買取の際も銃砲刀剣類登録証は必須です。
これがないと買取を実施してもらえませんので、注意が不可欠です。
また銃砲刀剣類登録証があると買取もスムーズです。
売買や引越しなどの際は必ず確認しましょう。

所持が禁じられている刀

刀の中には所持が禁じられているものあるので、注意が必要です。
素人には区別がつかない代物です。
では実際に所持が禁じられているものはどういったものなのでしょうか。
所持が禁じられているものは、軍刀と呼ばれるものや戦前・戦中に多く作られたスプリングを打ち伸ばしたタイプの刀です。
軍事用のタイプは、特に安価なものがそうした対象となっています。

しかしこれらの中には、思い入れのある品もあることでしょう。
それこそ「かたみ」などはどうしても手放したくないといった人も多いのではないでしょうか。
かたみなどの思い入れの品に関しては例外的処置として個人で保有することがOKとされています。
ただし買取などは一切できません。
買取に出したいといった場合は、処分する方向か自分で所持するかのどちらかになることでしょう。

自宅から刀が出てきた場合

祖父母の遺品を掃除していたら、なんと刀が出てきた!といった人もいることでしょう。
昔の人にとっては、大事なかたみであることも多く、保管している人は少なくありません。
しかし刀については、取り扱いにかなり注意が必要です。
どういった形で取り扱いに注意が必要かというと、まず子供がいる家庭では、子供が怪我をしないよう対処することが大事です。

また古い刀を発見した場合、まず登録証があるか確認しましょう。
登録証がない違法となります。
ない場合は買取へ出すといったこともできません。
すみやかに都道府県の教育委員会に所有者変更届を提出することをおすすめします。

刀の登録証がない場合

刀の登録証がない場合、警察に「発見届け」といったものを提出する必要があります。
この場合派渡り15cm以上の刀が対象となります。
また槍、薙刀(なぎなた)、短刀についても届出が必要です。
発見届けが発行されたら、登録証を取る準備をします。
登録証は登録審査委員会となっている専門家たちが登録証の発行対象になるか、確認作業を行い、問題なければ発行されます。
登録証が発行されれば、通常どおり買取に出すことも可能です。
登録証がないけど買取をしたいといった場合、この手続きをとる必要があります。

譲りうけた刀について

親戚や知人からなんらかしらの譲受をする場合がありますよね。
よく聞かれるのは、

親族、友人から刀剣を譲り受けたら?
A3. 刀剣の登録は、「対人」ではなく「対物」です。
つまり、その刀剣に付いている登録証の名義を変更するだけで済みます(Q2古い刀を発見したら?を参照)。