美術品としての刀買取

刀を持っているけれど、目的をもって刀を大事にしていますか?刀は大抵は鍛冶屋に打って作ってもらうか、家に代々ある蔵の中からひょっこり出てきたりします。
打ってもらうならともかく、蔵の奥から出てきた場合、錆びていて使い物にも観賞用にもならなかったりする場合もあります。
全く興味が無い場合は、買取店にて買取ってもらうことができるが、ただ買取店に入って売ればいいというわけではない。
刀を代表とする刀剣類には色々と面倒な手続きがあります。
そして、刀を買取してもらうにしてもただ持っていくだけではなく、ちょっと手を加えるだけで刀は高く売ることも出来ます。
現代では美術としての評価の方が高いので是非参考にしてみてください。

刀は美術品

日本刀は、美術品として今日では国民の文化的遺産として大切に保存されていますが、一般の方が持つことは禁止されているか、特別な所有資格が必要だと思われがちです。
そのような銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)による規制は、けん銃などの武器に限られ、刀そのものは美術品ですので、誰でも持つことができます。

美術品としての価値

目利きでもない限り名刀を判別するのは無理で、かつてはなまくらな無名刀を名刀と偽られ、高く売りつけられるというケースは少なくなかったようです。
今では財団法人日本美術刀剣保存協会というものがあり、そこで鑑定してもらえばすぐに刀の価値が分かります。
しかし自分で良し悪しを知りたいと思ったのならそれは難しいことです。
素人判断で刀の善し悪しを決めるというのは不可能に近いです。
ならばどうすれば良い刀と判断できるようになるかといえば、それは勉強をすることです。

刀の知識

刀剣についての知識をしっかりと頭に刻み、それをしっかりと覚え、それと自分の持っているものや刀を検証して、真贋を見極める。
それが正しい目利きの方法です。
もっと手っ取り早いのは信頼出来る目利きの人と仲良くなり、見分け方を教えてもらうことです。
それでも自分でやる場合は、知識を身に付けることと、実際に本物の名刀をみてみる事です。
本物の名刀は大金を払わなくても実物を見るチャンスは有ります。

美術品の購入

美術品を購入する際は、売却時のこともよく考えて、品物を吟味しなければなりません。
刀に魅せられはじめた頃というのは、焦りがあったり、刀剣店に行ってカッコつけて気前よく買ったりする方がいますが、大体失敗します。
失敗というのはなにも偽物を掴まされるということだけではなく、正真物でも本筋品でなかったり、荒れがひどい作品、また作品と価格との間尺が合わなかったりというのも含まれます。
荒れがひどいというのは、見えない瑕疵がやっかいだということです。
フクレ予備軍や、刃がないのに刃を描いている、追い鏨、その他いろいろありますが、このような瑕疵は所謂素人にはほとんどわかりません。
とにかく、わからないことはわからないと言って、徹底的に納得するまで買ってはいけません。
即断はしないで家に帰ってじっくり考えることでしょう。

刀の魅力

不思議と刀は大した知識もないのに、高額商品を案外その場で買ってしまいます。
不思議な世界です。
失敗した刀というのは、売るときは買った値段に比べ、何分の1以下です。
ひどいときは10分の1以下ということもあります。
だからといってこれがひどいということではなく、もともとそんな評価の刀だったということです。
そして、こういうものを売る店に限って、引き取りを拒否します。
買取を約束(自社や同業のオークション出品も含めて)してくれる店が良い店のバロメータの一つです。

買取ということですが、前述したように刀は美術品であり、それが持つ経済的な価値は相当なものがあります。
刀を所持して楽しんだ後に買取してもらう、ということもあるでしょう。
そのときに悔しい思いをしないためにも前述したことを参考にしてください。
買う店を間違えなければ、必ず高価買取してくれます。