刀を高価買取してもらうには

刀の買取をしてもらう際はやはり、高く買い取ってもらいたいですよね。
大事にしてきたものですからそれ相応の値段が付くと嬉しいものです。
買取店を間違えると、悪質な場合は何の知識もない人に適当な値段をつけられたり、本物を偽物と査定する業者もあるようです。
悪徳な買取業者に巡り合う確率は低いですが、自分に少しでも、持っている刀の知識があればそれは避けられます。
正規買取店においても、査定額を上げる知恵さえあれば高価買取につながります。

お手入れが高価買取につながる

日本刀などの刀剣類を高く買取ってもらうには、手入れが実に大切です。
刀は鞘から一度も抜いたことがなくても錆びるもので、放っておいたらどんどん劣化していってしまいます。
ですので、こまめな手入れが高価買取の秘訣です。
刀の手入れとはつまり錆びないようにサビ防止の油を塗り替えたり、表面のゴミなどを取り除く作業のことで、よくドラマや漫画などで頑固そうな和服を着たおじいさんや凄く昔気質な暴力団の親分がポンポンと変な綿棒みたいなもので日本刀を叩いていませんでしたか?あれも刀の手入れの一つです。
日本美術刀剣保存協会のホームページにすごく丁寧に書かれていますが、ここでおおまかな刀の手入れについて説明していきます。
まず、刀の柄を外して拭紙と呼ばれる紙で拭ったあと、あのポンポン叩くもので刀に打ち粉という粉をかけ、また別の拭紙で拭い、油塗紙で新しい油を刀に塗り、鞘に収めたのち、柄に収めます。
だいたいこんな感じで、細かい手法などはホームページを確認してみるといいでしょう。
自分でやるのが不安という人は手入れをしてくれる業者がいるのでその人に依頼をすれば完璧に手入れをしてくれます。
刀のサビ取りなどをしてくれるところもあるので全くの初心者の場合そういったところに依頼をするのが一番無難でしょう。
手入れをしていない刀としている刀。
違いは素人目にもわかるものであり、しっかり手入れされている刀は買取店においても査定の時に効果があり、高価買取りの可能性が上がります。

鑑定

もう一つは、しっかり鑑定されていることです。
しっかりと刀剣の鑑定がされており、その鑑定結果が出た紙を持っている場合、日本刀のグレードがわかり、有名であれば有るほど当然高く売ることができます。
無かった場合は安く買い叩かれる可能性もあるので、適正価格を知るためにもしっかりと鑑定をしておきましょう。
しかし、鑑定書が有るからと言って高く売れるとは限りませんので注意しましょう。
鑑定結果が由緒有るものだと1000万円にはなります。
TVに出演すれば確実ですが、そう簡単に出演出来るわけでは有りませんし、骨董屋だからと言っても、日本刀の知識を持ち合わせていない場合が多いです。
とりあえずは日本刀専門店で鑑定してもらうのが良いでしょう。

専門店に持ち込むというのも素早く買取をして貰う必要があれば有効な方法ですが、時間がかかっても高く売りたいと思うのであれば、オークションという形がいいでしょう。
欲しい人が居なければ値段はタダ同然になってしまうリスクというものはあります。
しかし、どうしても欲しいという人が数人いれば、思いがけない高値で売却出来る可能性があります。
刀というのは愛好家がいて、愛好家は知識もあり、好んでお手入れもするので眠っているものは大事にしてくれる方の為に買取店に持ち込むべきでしょう。
誰が作ったかによって値段というものは大きく変わってきます。
真贋を判断することが素人には難しいため、証明書などがあれば高値がつきやすくなります。
やはり高価買取を望むのであれば、自分でも知識を持つべきでしょう。